ボート免許と一緒に取ると便利!国際VHFを取るメリット

ボート免許を取得すると免許等級に応じて、ボートを操縦してレジャーを楽しむことが出来ます。海上と地上の違いがありますが陸岸からそれほど離れていない場合には、基地局の電波でカバーされるので陸上と同じようにスマートフォン等の携帯端末で連絡を取ることも可能です。電波させ届いていれば気象情報のアプリで周辺の天候を調べたり、アプリで周辺の船舶の運航状況をリアルタイムで把握することも可能です。

ところがスマートフォンの電波状況は必ずしも安定しておらず、陸岸近くの海域でも突然つながらなくなることも珍しくないのです。一時的にアプリをつかえない程度の話なら、多少の不都合を甘受すればさほど問題にもなりません。しかし海上で故障や船上で緊急を要する事態に遭遇したときはどうでしょうか。近くに友人や知人が操縦するボートなどがあれば、あるいは携帯端末で連絡をとることが可能かもしれません。しかし海上で救援を求めることの出来る知人が身近にいるのはむしろ例外的な事態です。

このようなシチュエーションで心強い味方になるのが、国際VHF無線になります。携帯端末が普及している現在にあって無線に関連する資格を取得することに疑問符を抱く方がいるかもしれません。しかし携帯端末では相手の電話番号を知っていることが当然の前提になっています。つまり相手方の電話番号が分からない限り目の前を横切っている船舶を目にしても、携帯端末を活用してスムーズに連絡を取ることは事実上不可能になります。極論を言えば携帯端末がつながるエリアであれば緊急の118番に連絡をとれば、救援を求めることは可能です。

ところがとにかくSOSを周囲の船舶に伝えたい時には、国際VHF無線に勝るものはありません。なぜなら総トン数100トン以上の大型船には、国際VHFの設置が義務付けられており航行中は常時聴取しているので、無線でSOSを発信すれば電波の届く範囲であれば誰かが受診してくれます。しかも緊急無線を受診した場合には、必ず応答しなければならないルールが存在しているので、誰かの返答か海上保安庁などへの連絡を期待することができます。このようなメリットが意識されて海外では国際VHF無線が広く普及をみています。

海外では国際VHF無線は普及していますが、日本国内では設置運用までの手続きが面倒なことが関係して普及が進んでいないのが現状です。万が一の事態のリスクに備えてボート免許を取得したときは国際VHF無線資格の取得もお勧めします。