国家資格免除で簡単に!大阪でボート免許が取れるシーメンズ

ボート免許は航行できる海域の範囲などに応じて、一級や二級などの四段階の等級が設定されていますが国家資格のひとつである以上試験を受けて基準点を突破しないと合格することは叶いません。
自動車運転をする際に免許取得が必要なのをイメージすれば、分かり易いでしょう。
試験の内容もアナロジーとなっており学科試験と実技試験で構成されています。
実技試験では主要三科目、操縦者の心得や基本事項・交通の方法に海洋航行における運行一般に関する知識について、基礎的知識の有無を問われます。

操縦者の心得では小型船舶の船長として身に付けておくべき基本的ルールが問われ、交通の方法では海上航行に妥当する交通法規の基礎が出題範囲です。
最後の運行一般においては、目的地までに航行させるなど小型船舶操縦に必須になる基礎知識の習得が問われることになるのです。

試験会場学科試験とならぶ実技試験では、発進・直進や停止に方向転換、方位測定や人命救助、着岸に至るまでの小型船舶を港から出航して、航行してのち無事接岸するまでに遭遇することになるシチュエーションでの問題解決に必須になる基礎的技能の習得の有無が考査対象になるのです。
学科試験と実技試験の二つのハードルを個人の努力や鋭意で突破するのは並大抵の努力では困難なのが現実です。
そこで実際の受験者の多くはボート免許の国家資格試験免除を受けることのできる、ボート免許専門のスクールを利用するのが一般的です。

大阪湾を中心にボートでのレジャーやマリンスポーツを希望しているなら、専門スクールのシーメンズがおすすめです。
大阪のシーメンズでボート免許を取ることをおすすめする理由の一つとして、免許取得のために短時間で必要な知識と技能を習得することが出来る点にあります。
もっともメジャーな小型船舶操縦免許の場合、二日間の講習と半日の実技講習で免許取得まで完遂することが出来ます。

トップレベルの難関になる一級小型船舶操縦免許でも、講習期間が4日半で済むと言うのは大きな魅力です。
しかもシーメンズは大阪南港という交通アクセスが良好な場所に位置しているので、大阪在住の方はもちろん近畿圏内であれば多くの方にとって通学するのにさほどの負担にならない場所に立地しています。
その上、大阪湾そのものがマリンレジャーを楽しむ場所として近年、脚光をあつめるスポットのひとつになっています。

シーメンズなら国家試験の通過を気にすることなく、講習に専念することで憧れのボート免許を迅速に取得することが可能なのが推奨する所以です。