谷川港は船釣りができる!狙える魚の種類

大阪湾周辺には南に紀州水道を構え、明石沖では瀬戸内海からの海流との合流するなど、随所に魚が集まるスポットを見出すことが出来ます。特に淡路島と紀州半島が隣接するあたりの海域では、水深が深く南方から流れ込む黒潮の影響で、良好な釣果をほこる釣りに適した海域はここかしこにひろがっているのです。

タチウオで有名な和歌山県北中部とも隣接していることから、漁場としてのポテンシャルは相当なものと太公望諸氏からも評価を受ける港湾なども多いようです。中でも大阪湾南岸を代表する漁場近くに立地しているのが泉南郡にある谷川港になります。周囲のランドマークであり古くからの代表的な観光スポットである岬公園の西側に位置し、谷川港沖合から少し西側に足を延ばせば地の島が位置しており、シーズンに合わせて、タチウオやタイ、ヒラメなどの船釣りを誰でも堪能できる関西有数のスポットのひとつです。

タチウオ磯釣りではなく、船釣りを選択することのメリットは春夏秋冬ごとに多彩な種類の魚をねらうことが可能で、しかも方法論も確立されていることから誰にでも楽しむことが出来る点にあります。谷川港で狙える魚のサイズや種類などに着目すると、いくつかの代表的なグループにカテゴライズすることが出来るでしょう。いわゆる小物釣りのグループに属する種類、代表的なものにカワハギやメバル・カレイやカサゴなどです。比較的深度の浅い海域に生息する魚類を対象にするので、仕掛けなどの道具立てもシンプルなので初心者でも十分船釣りを楽しめることが出来るグループです。

最もポピュラーで引きの強さやテクニック、仕掛けの工夫や妙などが釣果に反映するので、相応の経験とスキルを前庭にするものの、釣りのだいご味を真正面から楽しめるので中型魚をねらうのは高い人気を集めています。中型魚は船釣りの中核をなすグループで、アジやサバ・タイ・ヒラメにタチウオなどの食卓でもおなじみの食材でもある種類が揃っています。

魚類ではありませんが、嗜好性の高さから人気が高いのが、イカやタコなどの種類です。嚙みごたえや旨味の強さから魚類を上回る人気を得ている側面もあります。

また魚との駆け引きの側面もありスポーツ的要素の高いルアー釣りも最近では人気を集めています。生エサを使わないルアー船が中心で、定番のシーバスをはじめタチウオやヒラマサ・カンパチなど狙える魚類もバラエティに富んでいます。船釣りで堪能できる魚類はこれほどに種類が豊富なのがポイントです。